着物の場合袖を通した回数で価値が落ちるということはありません

仕立てたまま一度も着たことがない着物であってもそれだけで価値があるというわけではありません。
着ることによる傷みはなくても生地や糸は徐々に劣化していくもので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。
何回着たかは絶対的な価値ではありません。
査定したときの状態が悪ければ価値はありません(⌒o⌒)保管やお手入れ状態が良く、未使用でもう着ないと思う着物は買い取りに回しましょう。
査定は無料のところが多いですからね・・。
早く久屋やスピード買取.
jpなどの業者に持って行きましょう。
自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。
それでは、売れやすい着物は何なのかと疑問に感じる方が多いでしょうが訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。
訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。
訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。
着なくなった着物を買取に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。
ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、値段がつかない(引き取れない)こともあります。
古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあるでしょう。
まずは問い合わせしてみてください。