育毛剤は男性用と女性用とではどう違う?

AGA治療を受けてみたいと思っているけど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですから内科か皮膚科に行けばプロペシアを処方してもらえると思います。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前に電話などで確認しておきましょう。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられるクリニックもありますので、せっかくAGA治療をするのであれば専門クリニックのほうが断然おすすめです。

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら市販の育毛剤を使うのも方法です。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同様の効果がある保険適用薬で代用することも可能です。

毎日、しっかりと睡眠をとり刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療のCMに出ていた最初の芸能人は爆問のお二人でした。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はハゲの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGAの治療に踏み出すハードルがかなり下げられましたね。

最近では薄毛に困ってなさそうな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、全然治療の成果がでてないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので根本治癒することはありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

ですから、AGA治療を中止すると残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

しかしながら、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますから子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。

AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性が発症するケースはありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長期が短縮されてしまうことにより発症します。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬を用いてDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

プロペシア以外にもミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進させ細胞分裂を活性化させるという治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険適用外なのでコストがかかってしまうのが難点です。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険適用外なので高価なことが難点でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたのでAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ成分を使って後発医薬品メーカーが作る薬の事です。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますからローコスト化が可能になり、従来の2~5割程度で提供できるのです。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので悲観しなくて大丈夫です。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛というのは昔から男性を悩ませる種だったと見えて巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

最近やっと医療機関で治療を受けられることが普及してきましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいのがデメリットではありますが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してもらえますから市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、処方薬の使用を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

引用:【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?

保険の適用外なので実費となりますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が心配で...という人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

AGAの治療は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品なので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使うよりはコスパが良いでしょう。

又、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをするとさらに効果が上がるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活を見直してみると良いでしょう。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

運動不足は血管を収縮させるので薄毛治療にはよくありませんし喫煙も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が硬くなってしまったりうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージなどが有効です。

ネットでAGA治療について検索してみたところ画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中には信じがたいサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に困っている男性が多いということですね。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の食生活にも気を付けることが大事です。

毎日忙しいからと言ってファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ってしまうのはもちろん、塩分が多くと血行不良になってしまうことも。

日頃から意識をして、髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを摂取することを心がけ亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれ、タンパク質はタマゴや乳製品、亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質に大きく左右されます。

AGA治療は症状を食い止めたり改善するだけの対症療法なので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬も医薬品なので副作用がありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。