ETCカードのメリットやデメリットって?

ショッピングサイトで買い物をするときにオンラインで支払い手続きを完結する方法をネット決済と言います。
いくつかの支払い方法がありますが、プリペイドの電子マネーを使う方法は使いすぎを防げて安心です。
買う側はコンビニやATMまで出かけて行かなくても済むので昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。
販売店は、サイトに商品を掲載しておけば良く帳簿をつけなくてもWEB上に記録が残っているので管理がしやすいです。
メリットばかりに思われがちですが、デメリットも多く情報漏による偽装などの不正利用をされる可能性もあります。
接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。
あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておき残金の範囲内でショッピングや食事などの支払が可能です。
レジでサインをする必要がないので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。
キャッシュレスなカードのように後から請求がくる場合はつい使いすぎが心配ですが、このシステムは先に入金を済ませているので安心です。
その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから専業主婦でも利用できるので便利ですね。
財布にあると便利なETCカードでも人気のクレジットカード。
一般的にカードを使用するのは会計時ですが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。
キャッシング機能とは?一例をあげると、急にお金が必要になった時にATMなどからカードを使ってお金を下ろす事が出来ます。
しかし、キャッシングを行ったら必ず返済をしなくてはなりません。
返済する時は利息も一緒に支払う必要があるのでカードを申し込む時は低利息の会社を選ぶと良いでしょう。