ETCカード審査ゆるい?通りやすいところの見分け方とは?

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしにしている人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くが年会費無料のETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問をしている方を見ます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものと一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

その理由は、カードの利用規約に載っている本人以外の利用の禁止という項目があるからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレジットカードと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

買い物などの色々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードでは付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひ年会費無料のETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

各クレジット会社から発行しているクレジットカードタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレジットカードタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなETCは使いたいけどクレジットカードはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として預け入れなければ使用できません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、審査が優遇される以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレジットカードを利用・滞納せずに返済することでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

皆さんは毎月のクレカの利用額はちゃんと管理できていますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレジットカードでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。ETCカードの審査が甘いのはどこなのでしょうか?

引用:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方は基本的にクレジットカードを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますがデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうかサブとして新規でクレジットカードと一緒に申し込みしましょう。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となる人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば法人口座からまとめて引き落としできるようにして経費参入しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

法人用のカードは基本的に作り方自体は個人用のカードと同じですが法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどのさまざまな特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?年会費無料のETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレジットカード次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードでできるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話して処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。